羅針盤21会則

第1章 総 則

第1条(名称)

本会は「羅針盤21」と称する。

第2条(目的)

本会はシステムソリューションビジネスの共同受注と、併せて羅針盤21会員の経営安定化と技術力向上を目的とする。

第3条(事業)

本会は前条の目的を達成するために次の事業を行う。

①ジョイントビジネスの受注活動

②教育研修活動

③情報交換活動

④その他事業

第4条(組織)

本会は会長の所属会社内に事務局を置く。また、ジョイントビジネスの受注活動は、会員各社またはバーチャルカンパニー「羅針盤21」が行う。

第2章 会 員

第5条(会員)

本会は原則として羅針盤21会員をもって構成し、正会員、賛助会員の別を有する。

1)正会員

羅針盤21各社

2)賛助会員

本会発展のために事業支援をするソリューションデベロッパー、中小企業診断士。

第6条(加入手続)

正会員、あるいは賛助会員として入会しようとするものは、本会事務局に所定の入会申込書を提出するものとする。

第7条(会員の特典と権利)

本会の会員は次の特典と権利を有する。

1)正会員

・ジョイントビジネスへの参加

・本会の行う諸行事への参加

・刊行物、資料など入手

2)賛助会員

・ジョイントビジネスへの参加支援

・本会の行う諸行事への参加

・刊行物、資料など入手

第8条(変更事項の届出)

正会員及び賛助会員は入会申込書の記載事項に変更が生じたときは、遅滞なく届けるものとする。

第9条(脱会手続)

会員が本会を脱会しようとするときは、その旨書面をもって本会事務局に届けるものとする。

第10条(資格喪失)

会費を1年以上にわたり納入しないときには、会員の資格を喪失するものとする。

第3章 役 員

第11条(役員)

本会には次の役員を置く。

①会   長    1名

②理   事    2名

③会計監事    1名

第12条(役員の選任)

役員は正会員のうちから総会にて選任する。

第13条(役員の任期)

1)役員の任期は1年とする。但し、重任は妨げないものとする。

2)任期途中に、会長、理事、会計監事に欠員が生じたときは、当該会社より後任者を補充することが出来る。この場合は理事会にて候補を選任し議決により決定する。

3)補充された役員の任期は前任者の残任期間とする。

第14条(役員の任務権限)

1)会長

会長は本会を代表し、会務を統括し、総会を招集する。

2)理事

理事は本会の事業の企画ならびに運営にあたる。

3)会計監事

会計監事は本会の会計について監査し、総会に報告する。

第4章 総会・理事会

第15条(総会)

総会は本会の最高議決機関であり、会長が年1回これを召集する。

総会は正会員の2分の1以上の出席を得て成立する。

総会における付議事項は以下のとおりである。

①事業報告及び収支決算

②役員の選挙

③会則の変更

④前各号に掲げるもののほか理事会が付議した事項

第16条(理事会)

理事会は総会に次ぐ議決機関であり、会長が4半期に1回これを召集する。

理事会は会長、理事および会計監事をもって構成する。

理事会は構成員の2分の1の出席をもって成立する。

理事会における付議事項は以下のとおりである。

①事業報告及び収支決算案の審議及び総会への提案

②役員候補の選出の審議及び総会への提案

③会則変更案の審議及び総会への提案

④その他本会の運営に関する重要事項の審議及び総会への提案

⑤任期途中の会長、理事、会計監事の補充選出

⑥新規会員の入会の承認

⑦前各号に掲げるもののほかの重要事項

第5章 会 計

第17条(会費)

正会員の会費は月額 4,000円(年額 48,000円)とする

なお、首都圏以外に本拠地を持つ会員の会費は月額 2,000円とする。

賛助会員の会費は月額 2,000円(年額 24,000円)とする

会費は原則として期初に納付する

第18条(経費)

本会の経費は会費及びその他の収入をもってあてる。

第19条(会計年度)

本会の会計年度は11月1日より翌年10月31日とする。

第6章 事務局

第20条(事務局)

本会の事務局は会長の所属会社内に置く

第7章 付 則

第21条(施行)

本会則は2002年11月1日より施行する。

本会則は2003年11月17日より改訂して施行する。


 注意:   は2003年11月17日改訂事項